2013年06月24日

一家に1台の津波シェルター【非常品常備品あれこれ】

MONOist【2013年06月24日 09時00分】
 ⇒ 「一家に1台の津波シェルター」から「進化する防災無線」まで――中部ライフガードTEC2013 から

記事の中で4メーカー、津波シェルターが紹介されていました。

なんと、ボンドさんの津波シェルターが楽天で売られていましたよ。


東日本大震災以降、防災・減災への関心が高まっている。南海トラフ巨大地震が懸念される中部地区で、防災・減災をテーマにした展示会が初めて行われた。

中部地区初の防災・減災をテーマにした展示会「中部ライフガードTEC2013 防災・減災・危機管理展」が名古屋のポートメッセなごやを会場に2013年5月24、25日の両日で開催された。
東日本大震災以降、防災・減災への関心が高まっているが、特に中部地区は南海トラフを震源にした巨大地震の発生が懸念されており、防災・減災に向けた取り組みが喫緊の課題となっている。

今回の展示会では、さまざまな災害リスクに対する最新の製品・技術・サービスなどが一堂に会した。


大分県のポンドが紹介するシェルターは、美しい球体形状の「ライフアーマーNEO」。直径120cmとコンパクトながら大人4人が搭乗でき、FRP製で重量が約80kgと非常に軽量だ。球体形状を採用することで、外部からの衝撃や圧力を分散させることができるという。4人乗りで49万8000円と低価格なのも特徴。

税込みで52万2900円です。



この津波シェルターを買っていた方を偶然に何処かのテレビ番組で見た事があります。

その方、津波シェルターとしてではなく、ペットの避難用にしていました。

4〜5匹いるペットを緊急時に非難させるのは至難なので、津波シェルターに避難させると言っていました。
津波シェルターの中にはペットフードやらペット用の防災用品を入れてました。


posted by お届け太郎 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 津波シェルター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。