2013年08月07日

災害備蓄e-パン 自衛官三姉妹【非常品常備品あれこれ】

災害備蓄e-パン 自衛官三姉妹

これも萌えキャラなのか?

1缶2個入(100g)と24缶セットです。



地震などの災害に備えた防災食品に「おいしさ」と「やわらかさ」という新たな商品価値を付加しました。

従来のような固く風味の無いパンではありません。
美味しく栄養豊富で、長期保存も可能な新しいスタイルのパンです。

開缶して中身を取り出し、電子レンジで20秒ほど温めると さらに美味しくなります。

災害や事故などのいざという時の為の非常食として、また常備食やアウトドアなどライフスタイルに合わせてお楽しみいただけます。

柔らかなまま5年間の長期保存が可能であり、災害時の備蓄用としても最適です。
またキャラメルチョコ味は、卵を使用していませんので、卵アレルギーの方にも安心です。


posted by お届け太郎 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

グリコ、防災用ビスコを真空パック【非常品常備品あれこれ】

真空パック品は受注生産で一般家庭向けではないとのこと。

それよりも一般家庭向けの非常食用(缶入り)のものがあるの知りませんでした。


メーカー直送品でも賞味期限2017年4月品が多いのでネットでの購入時は十分ご注意ください。
上記リンクは賞味期限:2018年5月の商品です。


江崎グリコが、アルミ真空パックのクリームサンドビスケット「ビスコ」の販売を始めた。
防災用として最長5年間保存できる。
従来のアルミ缶入りに比べて半分程度のスペースで済むので、大量備蓄が可能。
非常食として自治体や企業に売り込む。

6日には発売80周年を記念した特別味のビスコを再発売。
ロングセラー商品の販売を強化する。

グリコによると、東日本大震災後に非常食の備蓄に対する意識が高まったが、かさばるアルミ缶の改良を求める声が自治体などから寄せられたため、アルミ袋の強度を高めるなど工夫して真空パックの防災用ビスコを開発した。

製造するグループ会社の関西グリコ(神戸市)の鈴東正美社長は「ビスコは栄養があり、おなかもふくれるので非常時に適している」と話す。

真空パックの防災用ビスコは受注生産で、1ケース(60パック入り、1パックはビスコ15枚)で1万2600円。
アルミ缶入りは家庭向けに販売を続ける。

ビスコは1933年に発売した。
今年2月に発酵バターを練り込むなどした80周年記念の「スペシャルビスコ」を限定販売したところ、人気を呼んで約1カ月で売り切れたため、数量限定で10月中旬ごろまで再販売する。
贈答用の缶入り商品(100枚入り、1680円)もネットで通信販売する。


Sponichi Annex【2013年8月5日 16:02】
 グリコ、防災用ビスコを真空パック 大量備蓄可能に から


posted by お届け太郎 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。