2013年08月23日

災害に備え、非常袋を用意している家庭は4割弱【非常品常備品あれこれ】

阪神淡路、東日本大震災の記憶。

毎年9月1日が、意識の薄れを取り戻すきっかけになればいいです。

ReseMom【2013年8月22日(木) 14時15分】
 災害に備え、非常袋を用意している家庭は4割弱 から


9月1日は防災の日。
非難袋(非常袋)を準備している母親は、4割に満たないことが、花王の調査で明らかになった。
2012年の調査では、4割を超える結果だったため、年々防災対策への意識が薄れているようだ。

同調査は、未就学児(幼稚園児・保育園児)と小学校低学年(1〜3年生)の母親を対象にアンケートを実施。
2011年と2012年に引き続き、今回で3回目となる。

避難袋(非常袋)を準備しているか尋ねたところ、未就学児の母親で36.1%、小学校低学年の母親で38.9%が「準備している」と回答。
6割以上が準備をしていない。


災害が起きた時の家族のルールがあるか尋ねたところ、多くの母親が「待ち合わせ場所を決めている」という回答。
待ち合わせ場所は、「近くの大きな公園」「近所の小学校」「近くの高台」などが挙げられた。

また、「無理に帰宅しないでその場の避難所に逃げ、非常用の留守電に伝言すること。」(30代、未就学児の母親)や、「災害時の各自の担当業務・集合場所・避難する道順が決めてある。」(30代、未就学児の母親)などのコメントが寄せられた。

防災の日をきっかけに、災害について家族で話し合ってみてはいかがだろうか。




posted by お届け太郎 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災セット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

国内初事例 東北地方の森を守る災害備蓄キット【非常品常備品あれこれ】

財経新聞【2013-05-01 11:51:52】
 人の命と被災地の森を守る 3 日分のサバイバルキットが登場 から

(株)グロバループカンパニー(代表取締役:小林沙聡 以下GLLC)は、一般社団法人フォレストック協会とともに、自社の事業活動を通じて日本の森林資源を守り、次世代の子供たちに豊かな森を引き継ぐためのプログラム「子供に森を Forest for the Children」プロジェクトを2013年5月1日より開始いたしました。
この活動の第一弾として、GLLCが販売代理店を務める、米西海岸生まれの災害備蓄用品「ARK3」(定価3,129円)の出荷1ケースにつき、フォレストック認定制度を通じ東北地方の約50m2 の森林を1年間守ります。
「ARK3」をご購入いただいた企業様は、従業員の命を守るだけでなく、東北の森をも守る活動に参加したこととなり、CSR活動として企業PRにご活用もいただけます。
「ARK3」には震災直後の3日間を生き抜く為に必要最低限な装備が備わっています。






コンパクトな長方形の箱に3日分の食料・水・保温ブランケットが収納されており、ハサミなどを使わずに開封可能。

クルマのトランク内などの高温条件でも5年間の長期保存が可能で、クルマで外出中のサバイバルにも対応。

一人一箱単位で分散備蓄が容易なためリスク分散に貢献。

十分なカロリーと栄養素を備えつつ、塩分を控えているので喉の渇きを抑制。

繊維質が少ないため腸を刺激せず極限の環境下においてトイレの必要性を軽減。

「ARK3」はホワイトハウスなど米政府系機関や沿岸警備隊も採用している高機能なサバイバルキットです。



posted by お届け太郎 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災セット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

災害発生!猫と避難するには?ワンニャン防災セット【非常品常備品あれこれ】

災害発生!猫と避難するにはから マイナビニュース【2013/04/17】

最近、大きな地震や水害が起こっています。
災害が起こった場合に猫をどうするか、考えておいたほうがいいですね。

STEP1:何か災害が起こった場合
この数年間だけでも、大きな地震や水害が起きています。
現時点では大丈夫と予想されている地域であっても、この先いつ災害に見舞われるかわかりません。
その時、自分の対策も大事だけど、「猫をどうするのか?」ということも考えておく必要があります。

STEP2:猫と避難をする場合には必ずケージへ
何か災害が起きた時、可能ならば、すぐに猫を連れて避難をした方がいいです。
その時に注意しなければいけないことは、猫をケージに入れて運び出すということです。
せっかく一緒に避難をしたのはいいけれど、ケージがないと猫が落ち着かなくなる、ということがあります。

STEP3:周りの人に声をかける
もし避難生活を送ることになった場合は、狭いスペースで猫と一緒に暮らさなければいけません。
そうなってくると、周りの人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。
まずは了承が得られるかどうか、猫を連れていることを話してみましょう。

ポイント
起きてほしくなくても、災害というのはいつどこで起こってしまうかわかりません。
その時、猫と避難するにはどうすればよいか、日頃から考えておきましょう。


≪ワンニャン防災セット≫


本品は、緊急避難時に、ご家族とともにペットも学校や公民館等に一時避難させるために、組立式ケージを中心に2日程度の避難時間を想定し持ち運びやすいように全体の軽量化をはかりセットしております。


posted by お届け太郎 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災セット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。